スクリーンショット 2016-09-10 22.17.56

「チームをつくる」ことを考えるとき、「人」から考えてしまうと良いチームはつくれない。あらゆる会社は「理念」を中心として存在している。そして、その理念を達成するために「事業」があり、事業を成長させるために「人」が集まって「組織」となる。

事業を成長させつづけるためには、どのようなチームが必要なのか。そのチームは、どのようにつくれば良いのか。

「社長のための、会社を任せられるチームのつくり方 」をテーマに「起業の専門家」浜口隆則×「リーダー育成の専門家」嶋津良智の特別講演を開催する。

1.こんな方にオススメ

□ 事業の成長に頭打ち感を感じている
 - でも、打開策がわからない。

□ 競合他社との差別化に悩んでいる
 - 自社の強みと、特徴を発揮する方法を知りたい。

□ 経営の基礎・基本を改めて確認したい
 - 自分のやっていることが正しいか、確かめてみたい

□ チームで成果を出したい
 - でも、社員が自分の思った通りに動いてくれない。

□ なぜか、すぐに人が辞めてしまう
 - チームのつくり方、モチベーション維持の方法を知りたい。

□ 経営の話ができる社員が居ない
 - 社員に経営視点を持たせる方法を知りたい。

□ 社員の育成の仕方がわからない
 - 何を教育すれば、最も効果が出るのかを知りたい。

□ 10年後も生き残り続けるための「会社のつくり方」が知りたい

2.このセミナーで得られること


□ 自社の経営が伸び悩んでいる原因が発見できる
 - 経営状態の確認と点検

□ 差別化のポイント、自社の伸ばすべき要素が見つかる
 - 経営力の高め方

□ ビジネスは、どうやって設計すればよいのか?
 - 成功する経営の要素と構造

□ チームで成果を出すために、社長のやるべきこと
 - 社員への接し方、声のかけ方

□ 人が辞めなくなる、組織のつくり方
 - 成果を出し続ける組織に必要な3つの大原則

□ 経営の話が通じる、幹部の育て方
 - 「共通言語」をつくれば、話ができる

「第一部」でお伝えする7つのテーマ

< 第一部:「社長の仕事」 >
 1 社長の仕事とは何か?
   - 社長の仕事の定義

 2 正しい現実認識
   - 多くの会社が成功し続けられない理由とは?

 3 導かれる行動原則
   - 成功し続けるために社長に求められる行動とは

< 第二部:「経営の技術」 >
 4 経営を知る
   - 経営の要素と構造を理解する

 5 経営を構築する
   - 経営の12分野

 6 経営を統合する
   - ビジネスモデルのチェック

 7 社長の資格
   - あなたは本当に社長なのか?

「第二部」でお伝えする3つのテーマ

1 社長の人間学
 - 社長と部下の影響の連鎖/
   仕事の成果を変える3つの要素/
   部下の成果の創造 など

2 社長の関係学
 - ダメなリーダーがよく犯す過ち/
   優れたリーダーが大切にしているたった一つのこと/
   チームを弱体化させるリーダーがよく犯す勝手な思い込み
   上司の成長の尺度は一つしかない など

3 社長の組織学
 - 組織の成功循環モデル/
   強いチームを作るために部下に明確にすべきこと/
   チーム内でリーダーの果たす役割/
   チームコミュニケーションの質を高めるために など

3.詳細情報

受付開始    12:30 〜 13:30
(オープニング) 13:30 〜 13:40

第1部:浜口 隆則氏:講演   13:40 〜 16:10
(ご案内・休憩) 16:10 〜 16:25

第2部:嶋津 良智氏:講演  16:25 〜 18:25
(エンディング) 18:25 〜 18:40

▼お申込み・詳細ページはこちら
 http://president-ac.jp/collabo

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに