見える化

経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動

見える化

見える化とは「経営指標を整理し、いつでも見えるようにする活動」です。

売上推移や預金残高、顧客数の推移など、様々な指標が経営に大きく関わってきます。それらの指標をじっと「読む」のではなく、一目で「見える」ようにすることを「見える化」と言います。見える化の目的は、変化に気づき、すぐに行動できるようにすることです。
こちらでは、「見える化」の基本から、実際に会社で実践するためのノウハウをお届けいたします。

見える化の記事一覧

  1. pexels-photo-256548.jpeg

    これで失敗しない!システム導入前に考えること

    中小企業のシステム導入が加速していく中、システム導入に失敗する企業も少なくありません。顧客管理や営業支援などシステム導入の効果を最大限に発揮するためには、どのような事に気を付けなければならないのでしょうか。今回は中小企業を中心に、システム導入で失敗を…

  2. upg41.jpg

    【経営者が知るべき経営指標】顧客平均接点回数を知って次のステージへ

    顧客とのコミュニケーションは企業にとって欠かせない要素の一つです。どれだけ、親密なコミュニケーションを取れるかによって、今後の関わり方が変わってきます。 そこで、今回は顧客平均接点回数という指標をご紹介。普段何気なく接している顧客との関わりを数値化す…

  3. upg40.jpg

    【経営者が知るべき経営指標】受注高推移を視覚化して未来を切り開く

    経営が安定していることを示す指標のひとつに受注高があります。どれだけの案件を受注したかによって将来的な利益が予測できます。 受注高推移を見える化することによって、予測が立てやすくなり長期的な安定が実現可能です。今回は、そんな受注高推移の重要性をご紹介…

  4. upg30.jpg

    【経営者が知るべき経営指標】売掛金残高を把握して経営の舵をとる

    売掛金の管理は商売において重要な業務です。代金を回収できなければ、それだけ資金繰りが悪化してしまいます。 倒産の可能性を少しでも減らすために、売掛金の回収の重要性を再認識し、施策を打って行く必要性があります。今回は、そんな売掛金残高についてご紹介。経…

  5. play-stone-network-networked-interactive-163064.jpeg

    ビジネスモデルを見える化!ビジネスモデルキャンバスとは?【後編】

    はじめに 常日頃、よく「イノベーション」という言葉を耳にすると思います。もううんざりだという方もいれば、イノベーションを起こしたいと思っている方もいらっしゃると思います。 そこで今回はビジネスモデルキャンバスを用いて、自社がどうやって価値を生み出し、…

  6. gears-cogs-machine-machinery-159298.jpeg

    ビジネスモデルを見える化!ビジネスモデルキャンバスとは?【中編】

    はじめに 常日頃、よく「イノベーション」という言葉を耳にすると思います。もううんざりだという方もいれば、イノベーションを起こしたいと思っている方もいらっしゃると思います。 そこで今回はビジネスモデルキャンバスを用いて、自社がどうやって価値を生み出し、…

  7. upg32.jpg

    【経営者が知るべき経営指標】現金預金残高は経営の基盤となる

    財務状況の中でも重要な指標となるのが現金預金残高。借入金との適切なバランスを維持しなければ倒産する恐れがあります。 現金預金残高の推移グラフを管理することで、借入金が原因による黒字倒産を免れることが可能です。今回は、現金預金残高をどのように見ていけば…

  8. pexels-photo-251225.jpeg

    時代の波に乗った経営を!2年後に90%の大手が採用するCDOとは?

    CEO、COOという役職名を聞いて、ピンとくる方は多いと思います。CEOはChief Executive Officerの略語で、最高経営責任者を指しています。COOは、Chief Operating Officerの略語で、最高執行責任者と訳されま…

  9. pexels-photo-195656.jpeg

    ビジネスモデルを見える化!ビジネスモデルキャンバスとは?【前編】

    はじめに 常日頃、よく「イノベーション」という言葉を耳にすると思います。もううんざりだという方もいれば、イノベーションを起こしたいと思っている方もいらっしゃると思います。 そこで今回はビジネスモデルキャンバスを用いて、自社がどうやって価値を生み出し、…

  10. upg25.jpg

    【経営者が知るべき経営指標】利益を把握して施策を考える

    利益(売上・粗利・営業利益・経常利益・純利益)を視覚化する重要性 経営者の方々の中で自社の利益をしっかりと把握している方はいますか?利益といっても売上や粗利益、営業利益などさまざまな種類があります。 ただ、一括りに利益とするのではなく、それぞれの利益…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)