election-smallbusiness

今月10日に行われる参院選に向け、民進党・細野豪志衆議院議員は岐阜市内で街頭演説を行い、中小企業の支援を強化することを訴えた。

7月4日付の朝日新聞によると、細野氏は「中小企業の予算を増やしましょう。中小企業が1人でも2人でも新しい社員を雇う時にかかってくる社会保険料。医療の保険料、年金の保険料も介護の保険料も失業保険もあります。社会保険料の負担を企業の経営者の側がしなければならない。法人税減税をするのであれば、その10分の1でもいいから社会保障の負担をなくすことができれば、必ず中小企業は人を雇ってがんばろうと思ってくれると思います。」と街頭演説で語った。

また細野氏は中小企業対策費(1800億円)とイージス艦一隻の建造費がほとんど同じであることを指摘。「防衛費も大事かもしれないけれど、(中小企業対策費は)あまりに少ない」と、中小企業対策費の増額を支援する考えを述べた。

日本経済の要である中小企業を、国としてどう支えるのか。各党が同一労働同一賃金実現を訴えている今回の選挙では、各党の中小企業に対する政策に注目が集まっている。

詳細はこちら

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに