em36.jpg

  

【ネーミングが持つ力】

    最近の社内の話題は、ワールドカップのことばかり。

 残念ながら日本は敗退してしまいましたが、
 代表選手たちには大きな拍手を送りたいですね。

 ワールドカップといえば、今年も試合後の渋谷駅周辺は、
 日本代表のサポーターたちでごった返していたようです。

 そうなると登場するのが、噂の「DJポリス」!
 …と思いきや、どうやら今年は、
 有名になった“あのDJ”は出ていなかったもよう。

 その代わり、可愛らしい女性警官の方が、
 “2代目DJ”として誘導をしていたようです。

 今や「DJポリス」と聞けば、
 ほとんどの方がすぐに、「あぁ、あの渋谷の!」と
 拡声器を持った“DJ”の姿を思い浮かべられると思います。

  「DJポリス」がこんなに有名になったのは、
 彼の見事な誘導の手腕のおかげでしょう。

 ですが、実はそれだけではなく、
  「ネーミングの力」も大きいのではないでしょうか。

 ポリスなのにDJ?
 DJがポリス?

 一度聞いたら気になって、
 思わず調べてみた方も多いのではないでしょうか。

 これが例えば、「誘導上手な警察官」とか「オモシロポリス」
 なんて名前で呼ばれていたら、
 きっとこんなに有名にはならなかったでしょう。

 インパクトがなく、
 聞いてもワクワクしないからです。

 このことからも分かるように、「ネーミング」は、
 人に覚えてもらったり、情報を拡散する上で、
 非常に重要な要素となります。

 これはもちろん、ビジネスの現場でも同じです。

 同じような商品なのに、なぜ売上に違いがでるのか?
 変な名前なのに、なぜ手に取り、カゴに入れてしまうのか?

 そのヒミツは、「ネーミング」にあるかもしれません。

 今回は、さまざまな商品の例を見ながら、
  「商品名の付け方のポイント」について考えていきます!

 

【わかりやすさが大きな差を生む】

  「個性的なネーミング」や「分かりやすいネーミング」
 と聞いてすぐに思い浮かぶ商品は何ですか?

 私は小林製薬の「のどぬ~るスプレー」です。
 CMでもおなじみですね。

 この他にも、小林製薬さんの商品には、
 どれも面白い名前が付いています。

  「熱冷まシート」
  「ガスピタン」
  「ケシミン」  などなど…

 こういった、ちょっと変わった商品名を付けるようになったのは、
 1986年に生まれた「ブルーレットおくだけ」がキッカケなのだそうです。

 トイレの手を洗う場所に置いておくだけで、
 中をキレイにしてくれるという優れもの。

 今でこそ、類似品もよく見かけるようになりましたが、
 売り出した当時は、「置くだけでトイレ掃除ができる」という
 考え方がありませんでした。

 ですから、まず初めにこの商品がどういうものなのか、
 分かりやすく説明する必要があったのです。

 そこで商品の特性を商品名にしたところ、
 これが、「手が汚れず使いやすい!」と、主婦に大ヒット!

 商品の使用用途が分かりやすいことで、
 初めてのお客さまも、安心して手に取れたのでしょう。

 それ以降、小林製薬さんは商品を開発する際に、
  「そのネーミングはお客さまに分かりやすいかどうか」を基準に、
 商品名を付けてきました。

  「覚えやすくて、リズム感があり、1秒でわかる」

 それが小林製薬さんのネーミングの条件。

 一つの商品に対して、あらゆる部署の方がネーミング会議に参加し、
 多い時には100以上の商品名の候補を挙げるのだそうです。

 なぜなら、「名前の付け方一つで売上が何倍も変わる」から。

 この良い例が、同じく小林製薬さんの商品の中にあります。

 私が始めに名前を挙げた、「のどぬ~るスプレー」。
 この前身である「のどぬ~る」が初めて登場した1988年は、
 喉の痛みに効く治療薬の市場規模は、全体で2億5000万円程でした。

 当時の治療薬といえば「ヨード」くらいで、
 若い人にはあまり馴染みがありません。

 そこへ参入した「のどぬ~る」は、
 使用用途の分かりやすさと名前の覚えやすさで、
 瞬く間に大ヒット商品に!

 初年度だけで、当時の市場規模とほぼ同じ2億円を売り上げると、
 91年にはスプレータイプの「のどぬ~るスプレー」を発売し、
 さらに売り上げを伸ばしました。

  「のどぬ~るスプレー」は、
 “これまで誰も見たことのない、画期的な新薬”
 という訳ではありませんでした。

  「のどぬ~るスプレーの中身」は、
 実は「ヨード」とほとんど一緒なのです。

 これだけ売り上げの差が出たのは、
  「ネーミングの分かりやすさ」と「覚えやすさ」が
 決め手だったのでしょう。

 お客さまにとって分かりやすく、覚えやすい商品名を付けることで、
 同じ商品でも、ぐっと売り上げがあがるのです。

 

【ストーリーで口コミが広がる】

 同じく、奇抜な商品名で市場に参入し、
 売り上げを伸ばしている商品の一つに、
 “一度見たら絶対に忘れられない豆腐”があります。

  「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」

 その奇抜なネーミングが口コミで広がり、
 今や、誰もが知る商品となりました。

 なぜ、ジョニーなのでしょう。
 なぜ、ジョニーは風に吹かれているのでしょうか。

 実は、このジョニーという名前、
 元はこの豆腐の製造者である
 伊藤 信吾さんのニックネームなのだそうです。

  「豆腐で一番ありえない名前にしよう!」

 新しい豆腐を売りだそうとした時、
 伊藤さんはそう考えました。

 その結果、
 ついた名前が「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」。

 私は初めてこの豆腐を見た時の衝撃を、
 今でも覚えています。

 サーフボード型の、おかしな名前の豆腐…。
 相当なインパクトがありました。
 しかも食べてみると…すごくおいしい!

 それ以来、私の家ではよく「ジョニー」が
 食卓に現れるようになりました。

 名前のインパクトが強い商品は、
 初めのうちは物珍しさで皆手に取りますが、
 もし品質が悪ければ、お客さまは二度とリピートしません。

 リピートしてもらえなければ、
 後はブームの終わりと同時に売り上げが減少していくだけ。

 この奇抜な豆腐は、
 初めに名前でお客さまの興味を惹きつけ、
 味でお客さまの心を掴んだのです。

 ちなみに、この豆腐の製造元であり、
 商品名の一つでもある「男前豆腐」とは、
  「水も滴るいい男」からきているのだそうです。

 この豆腐のパッケージは、上下の二重構造になっていて
 常にザルのように水を切っている(滴っている)ため、
  「水も滴るいい豆腐」=男前豆腐。

 ジョニーが風に吹かれているのも、
 男前のイメージから。

 これは、忘れられない!

 商品名は、「分かりやすさ」だけでなく、
 忘れられない「ストーリー」を入れ込むことでも、
 覚えてもらいやすくなります。

 そのインパクトの有る「ストーリー」を知ったお客さまが、
  「こんな面白い商品があるよ」と口コミで広めるから、
 徐々に売り上げがのびていくのです。

 

【名前のインパクトは記憶に残る】

 最後にもう一つ。

 私が最近見た商品の中で、
 忘れたくても忘れられない商品があります。

 それは、「裸族シリーズ」です。

 …何それ?!

 決して怪しいものではなくて、
 パソコンの横で、ハードディスク(HDD)を
 固定して使用するためのものです。

 記憶媒体であるHDDの内部では、
 高速で金属盤が回っています。

 ちょうど、音楽のレコードと同じような状態なのですが、
 高速で回転しているため、とてもガタガタして不安定です。

 その上、衝撃にも弱いため、
 取り扱いには十分注意しなければなりません。

 しかしこのHDD、それだけ脆弱であるにも関わらず、
 むき出しのまま使用している方(=裸族)が多いのだそうです。

 だからこそ、少しでも危険性を回避するために生まれたのが、
 この「裸族シリーズ」。

 シリーズというからには様々なものがあります。

 ・裸族のお立ち台:HDDを立てて固定し、データを読み込む。
 ・裸族のスカイタワー:HDDを10台まで収めて使用可能。
 ・裸族のボディコン:HDD自体のシリコンカバー。

 などなど…
 その内容を聞けば、「なるほど!」と言ってしまう商品名たちは、
 とてもインパクトがあり、分かりやすいです。

  「分かりやすさ」はとても大切ですが、
  「分からないからこそ気になる」という、
 インパクトの大きい名前を付けることもできます。

 市場に初めて出る商品は、「分かりやすさ」を重視し、
 類似商品と差異化をはかりたい時は、「インパクトが大きい」名前を付ける。

 このように使い分けると良いかもしれません。

 

【まとめ】

 以上の例から分かるように、
 商品名を付ける時には、

 ・商品の特性が分かりやすく、覚えやすい
 ・ストーリーがある
 ・パッと見た時のインパクトが強い

 こうした点を踏まえることが重要です。

 ネーミングを変えるだけで、
  「のどぬ~るスプレー」のように、
 市場規模の何倍も売り上げを出すことが出来るのです。

 あなたの会社の商品名は、分かりやすいですか?
 お客さまに覚えてもらいやすいでしょうか?
 インパクトはありますか?

 今一度、ぜひ商品名について考えてみましょう!

 

 DJポリス、一度は見たいと思っているのですが、
 あんなに混雑している渋谷には行きたくないなというのも本音。

 ですから動画を見て、その交通整理の腕前に、
 スゴイなぁと感動しています。

 試合が終わった直後に、

  「皆さんは12番目の選手。
  日本代表のようなチームワークでゆっくり進んでください。
  けがをしては、W杯出場も後味の悪いものになってしまいます!」

 なんて言われたら、その通りだと頷きたくなりますよね。

 実際、「お巡りさん!」コールがおきる程、
 日本代表のサポーターにも支持されていました。

 それにしても、
  「DJポリス」と最初に付けた方のセンスは、
 本当に素晴らしいです。

 私も、人の心を惹きつけるネーミングができるよう、
 色々な物を見て、聞いて、勉強しなければ!と
 改めて思いました。

 渡邊 絵梨

※この記事は、「Entre Magazine」のバックナンバーから抜粋しています。Entere Magazineの登録はこちらからどうぞ。

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに