em7

“お客様が来ない” のに繁盛するカレー屋さん

昨年の2月に、私はある女性と出会いました。

2つ年上で、背の小さな彼女には、夢がありました。

「おいしいもので人を幸せにする!」

小さな彼女は渋谷でカレー屋さんを始めました。

小さなお店ですが、味は一級品です。

私もオープニングスタッフとしてお手伝いしていました。

お客様と仲良くなろう!

「お客様とたくさん話して仲良くなろう!」

小さな店長の口癖です。

 「お味はいかがですか?」

 「今日も暑いですね~」

 「午後もお仕事頑張ってください!」

皆さんと沢山お話をしました。

名前を覚えていてくださったお客様もいました。

「またくるね!」と言ってもらえました。

親友をもてなすように

スタッフのネームプレートはみんなの手作り。

テイクアウトのふたには ” Thank you♪ ” の手書き文字。

ショップカードにも「またお待ちしております!」とカラーペンで。

小さな店長はお客様をとても大事にしていました。
まるで親友に話すようにお客様にお声をかけます。

小さな店長には親友がたくさんいました。

毎日、「こども店長いる?」とお客様がやってきました。(店長の愛称です)

親友の店に遊びに来たように、気軽にやってきてくれました。

お客様は大親友

親友を作ることは簡単ではありません。

でも、いったん親友になったら、ちょっとやそっとではその仲は壊れません。
「お客様と仲良くなろう!いっぱい喋ろう!」
毎朝スタッフにそう伝えてくれた店長には、親友が沢山いました。

毎日お店に来てくれたのは、ただのお客様ではなく、大切な親友でした。

あなたには大切な親友がたくさんいますか?

親友にするように、お客様に接することができていますか?

お客様は、仕事を通して共に人生を歩んでいる親友です。

大切な親友と、末永く付き合っていきましょう!

渡邊 絵梨(わたなべ えり)

この記事は、メールマガジン「Entre Magazine」のバックナンバーから抜粋しています。Entere Magazineの登録はこちらからどうぞ。

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに