経営をツール/システムから変える

フリー版あり!中小企業におすすめクラウド型の会計・経理ソフト5選

kaikei6経理業務に欠かせない会計ソフト。これまでは高価なオンプレミスやパッケージの会計ソフトが主流でしたが、ここ数年でクラウド型会計ソフトが登場し、ITベンチャー企業を中心に人気を集めています。

クラウド型会計ソフトを導入することによって、複数のデバイスから作業ができたり、帳簿の自動入力機能が充実していたりと、経理の負担を軽減することができます。また、非常に安価なソフトも多く、お財布に優しいことも特徴の1つです。

それでは、中小企業によく使われているのクラウド型会計・経理ソフトをご紹介しましょう。

 

1.会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

kaikei3

ライト 1980円/月

ビジネス 3980円/月

無料トライアルあり

いま、日本で最も有名なクラウド会計ソフトと言っても良いでしょう。中小企業向けクラウド会計ソフトの先駆者として、今まで60万以上の事業所で使われてきた「会計ソフトfreee」です。

銀行口座を登録するだけで自動的に帳簿がつけられる「全自動」であることがポイント。仕訳も自動で行えるので、経理業務初心者でも簡単に帳簿作成・月末の収支レポート作成まで行うことができます。

請求書の自動作成機能も人気の機能です。項目を記入するだけで請求書をクラウド上でカンタンに作成できる上、請求書に記入した金額が自動的に売掛金として登録されます。

freeeを導入した企業として、ヘルスケアベンチャーの株式会社FiNCなどが挙げられます。請求書への入力と経理処理を連動させることで、二度手間がなくし、業務を効率化することができた事例も豊富にあります。

ライトプランは起業したばかりの小規模会社向け、ビジネスプランは取引先や従業員・部門を管理したい会社向けで、より本格的な機能を使うことができます。

freee|freee株式会社

2 会計ソフト「MFクラウド会計」

kaikei2

ライトプラン 1980円/月

ベーシックプラン 2980円/月

45日間の無料試用期間あり

ローラさんのCMでおなじみのクラウド型会計ソフト。初心者でも使いやすいシンプルな設計と手厚いサポートが人気の理由です。

取引明細の自動取得機能や仕訳ルールの学習機能、決算書の自動作成機能など、経理の負担を取り除く機能が備えられています。この会計ソフトを導入したChatwork社では、MFクラウド会計を導入して以来、帳簿に作成にかかっていた時間が月20時間削減できたそうです。

ライトプランでは登録できる部門数が2部門までなのに対し、ベーシックプランでは無制限。また、ベーシックプランには「仕訳入力の期間制限機能」「取引No.の振り直し」「総合振込の明細単位での取得機能」などの機能が備えられています。 

MRクラウド会計|Money Forward

3 弥生会計オンライン

kaikei4

セルフプラン 28,080円/年

ベーシックプラン 32,400円/年

2ヶ月間の無料体験あり

会計ソフトの老舗、弥生会計のクラウドバージョンがリリースされています。

起業したてのユーザーや初めて会計業務をするユーザー向けに開発された、小規模法人向け会計ソフト。帳簿の自動集計・作成機能はもちろん、決算の際は提携している会計事務所と連携することができるので安心です。

ベーシックプランでは電話・メールサポートと仕訳相談・経理業務相談が利用できます。2015年1月1日以降に法人登記した会社は、セルフプランもベーシックプランも初年度最大14ヶ月無料で利用できる「起業家応援キャンペーン」を実施中。(2016年8月現在)

実際にこの会計ソフトを導入したDayOut合同会社は、2015年8月に起業したばかりのベンチャー企業。初年度無料であることと、Macに対応していることが決め手だったようです。創業したての企業にもおすすめの会計ソフトです。

弥生会計オンライン|弥生株式会社

4 クラウド型会計ソフトなら【ネットde会計】

kaikei5

3600円/月

30日間の無料トライアルあり

実は、国内で最も歴史のあるクラウド会計ソフトの1つ。中小企業向けに設計されています。

経理担当者のレベルに合わせて、入力方法を選ぶことができます。

複数拠点や複数担当者で利用することを前提に設計しているため、支店や営業所ごとの管理や複数担当者での同時入力が可能です。

実際に導入した、日本医療輸出協力機構では、運営する施設が二箇所になり、低価格で複数拠点の会計管理ができるネットde会計に乗り換えました。複数拠点を持っている企業にはおすすめの会計ソフトです。

バージョンアップも随時無料で行われており、きたる消費税増税にも簡単に対応できる点もクラウド型ソフトらしい特徴です。

ネットde会計|パイプドビッツ

5 本業に時間を使おう! クラウド会計ソフト ハイブリッド会計Crew

kaikei7

ビジネスプラン 1,980円/月 (21,780円/年)

1ヶ月の無料トライアルプランあり

「会計事務所のコンサルティングを手がけた会社」と「会計事務所」が手を組んで開発したクラウド型会計ソフト。簿記知識がなくても簡単に入力できる科目連想機能や自動学習機能や、お金の状況が一目でわかる見やすいダッシュボードが嬉しい機能です。

会計事務所が使いやすいように設計されており、「弥生会計」や「達人シリーズ」「エプソン」などの他会計システムのデータを連携させることができるため、契約している税理士さんにも使ってもらえる可能性が高いことがポイント。 

税理士さんとのコミュニケーション機能が充実しているのもポイント。税理士さんに電話やFAXしなくても、Crew上で税理士さんに連絡することができます。実際に導入した、株式会社おやかたでは「コーヒーを飲んだんだけど、この領収書は経費なの? 経費じゃないの?」といった質問もCrew上で税理士さんに聞けるので、安心して経費精算を行うことができるようになりました。

ハイブリッド会計Crew|Q-TAX

まとめ

以上、中小企業におすすめのクラウド型会計ソフト5選をご紹介しました。

どれも無料で体験できるので、まずは使ってみて実際の使用感や業務内容との相性を確かめてみてください。

どのクラウド型会計ソフトも自動入力機能が充実しているため、使いこなせれば経理の「作業」の時間を減らすことができます。あなたの会社でも、クラウド型会計ソフトを導入してみてはいかがですか?

 

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)