mobile-ka-p2-1

あなたの会社ではモバイル化が進んでいますか? 前回の記事、生産性を上げる「仕事のモバイル化」とはでは、モバイル化の定義とそのメリットについてご紹介しました。

近年、リモートワークを推奨し、そのための環境や制度を整備している企業が増えています。 このモバイル化の波に乗り遅れると、経営において多大な不利を被ることとなります。競合他社の一歩先を行けるよう、早急に社内でモバイル化に取り組みましょう。

1. 優秀な人材が確保できない

mobile-ka-p2-2 経験や技術を持ちながらも、子育て・介護などのため家にいる時間が必要で、オフィスでの長時間勤務ができないという人は少なくありません。 モバイル化の進んでいない会社では、在宅勤務やフレキシブルな勤務ができないため、そのような制約のある人を採用することができません。 また、既にあなたの会社に勤めている従業員が、結婚や出産を機に家庭での時間を求めて退職してしまうリスクもあります。さらに、優秀なエンジニアの多くは、オフィスで仕事をする必要性を疑問視する傾向にあります。 仕事のモバイル化をしない会社は、上記のような人材を確保できません

2. 無駄な移動時間が多い

mobile-ka-p2-3 通勤に片道1時間かかる人は、年間240日出勤だとすると、1年に480時間を通勤に費やしていることになります。週に1日の通勤をなくすだけで、96時間の通勤時間を節約することができます。また社員が出張する際には、さらに長時間の移動を強いられるます。 移動中には、効率良く作業することは難しく、有効に移動時間を活用できている人は少ないのではないでしょうか。 また、単に有効に時間を使えないだけでなく、満員電車や長時間の移動は疲労やストレスの原因となり、その後の仕事にも悪影響が出ます。

3. オフィスを出ると作業効率が落ちる

mobile-ka-p2-4 あなたの会社では、1つの案件にいくつの部署、何人の従業員、またどれだけの資料を必要としているでしょうか? 勤務中にオフィスから外出した社員は、それら全てを社外に持ち出すことはできません。 そのため、オフィスでしかできない作業が生じ、会社に戻るまでの間、必要なチームや資料抜きで仕事をすることができないのです。 モバイル化をしている会社の従業員なら、電子機器を用いて同僚と連絡を取り、相談することができるうえに、クラウド型システムで共有された情報にアクセスして、オフィスと同様の労働環境で働くことができます

4. 社員が受動的になる

mobile-ka-p2-6

モバイル化がなされていない組織では、社員が受動的になってしまうのを打破するのが困難です。 「オフィスにいる=仕事をしている」という錯覚に陥っている社員はいないでしょうか? 上司の顔色を伺いながら働いている、もしくは仕事が終わっても、退勤時間になるまで仕事をするふりをしているという会社員が日本には多くいるようです。 ある調査によれば、日本人の労働時間の長さは先進国トップで、仕事へのモチベーションは先進国ワーストです。

「従業員エンゲージメント指数」、世界最高はインドで77%。以下、デンマーク67%、メキシコ63%と続く。他の主要国では、アメリカが59%で5位。中国57%、ブラジル55%、ロシア48%など。イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ先進国も40%台後半で弱い。韓国は40%でブービー賞。日本が31%でダントツの最下位である。というわけで、日本の社員のやる気は世界最低という次第である。

参考:世界でダントツ最下位! 日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?

一定の場所に長時間拘束されることを反復的に毎日繰り返していると、やる気を保つのも難しく、そのような状態で、生産性を向上させることができるとは考えられません。 モバイル化により、オフィスを離れて働く時間を設ければ、上記のような生産性を下げる要因を軽減できます

5. 営業の手間がかかる

mobile-ka-p2-6

モバイル化が進んでいないと、社内及び取引先とのミーティングの度に、どこかに集まらないとならないため、膨大な時間やコストかかります。

しかし、社内でも取引先とも綿密なコミュニケーションは不可欠です。そこで、遠隔でも顔を合わせて話し合うことのできる、ビデオ通話のソフトウェアなどが非常に役に立ちます。

あなたなら、いつでもどこでも顔を見て話し合える相手と、話し合う度に移動を伴う相手のどちらと関係を築きたいと感じますか? 同じ条件なら、より簡単で、時間やコストのかからない方を選ぶでしょう。取引先の相手も同じように感じるはずです。

まとめ モバイル化進行度チェック

mobile-ka-p2-7あなたの会社はモバイル化なしで、競争を勝ち抜き続けることができるでしょうか?本稿でモバイル化の必要性とその緊急性がご理解いただけたと思います。 最後に、あなたの会社のモバイル化の進行度を、以下の5つのチェックポイントで評価してみてください。

 □オフィス以外の環境で仕事ができますか?

 □社内サーバーをクラウド化させていますか?

 □クラウドのコミュニケーションツールを導入していますか?

 □リモートワークを推奨していますか?

 □経営者がオフィス以外で働いている日をつくっていますか?

これらのすべての項目が達成された時、あなたの会社はモバイル化を遂げたと言えるでしょう。

次回の記事ではモバイル化をしないことで、被る具体的な被害とその予防策をご紹介します。

次の記事へ「3. 反モバイル化で倒産の危機に!?防げたはずの敗因とは」

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに