世界最大級のスタートアップイベント「Slush Asia 2016」は5月13-14日に開催、4,000人が幕張メッセに集う。Slush Asiaは夢を掴もうとする国内外の才能あふれる若き人材と世界的な起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリストをつなげ、スタートアップの土壌を育むグローバルコミュニティを創る。

■Slush、そしてSlush Asiaについて

Slush Asia 2015 キーノートステージの様子 ©Jussi Hellsten

北欧フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント「Slush(スラッシュ)」。ヘルシンキで毎年11月に開催されるSlushは、世界中のスタートアップ、起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリスト、学生が参加する一大イベントだ。2008年の初回開催からわずか数年間で、国際的な人材とビジネスモデルが育まれる土壌をフィンランドの地に作り出す。

この冷寒の地で生まれた熱いムーブメントは、2015年4月、「Slush Asia」として日本にやってきました。アジア初開催となったSlush Asiaには37ヶ国から3,000人以上の人々が参加しました。Slush Asia 2016は、英語を公用語とする2日間のイベントに世界各国から総計4,000人を動員します。このイベントのために、国内のみならず海外からもボランティアが集結する。

去年は1日のイベントでしたが今年は2日間に拡大、ピッチコンテストでは60社のスタートアップが英語でプレゼン、世界中のキーマンにアピールする舞台を設けます。またスタートアップと投資家がつながるマッチメイキングツールを強化し、イベント中最適な人との積極的にミーティングができる仕組みを整えます。そして選りすぐりのゲストスピーカーによるトークセッションも繰り広げられる。

詳細はこちら

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに