ソフトバンクグループは、代表取締役副社長であるニケシュ・アローラ氏の退任を発表。22日に開催される定時株主総会終了時に任期が満了。それに伴い代表取締役および取締役から退く。

softbank 
photo by bloomberg

アローラ氏は、米Googleの経営陣の一人として活躍。2014年10月にソフトバンクグループ(旧ソフトバンク)に参画。バイスチェアマン、米国で設立されたSB Group US, Inc.(旧SoftBank Internet and Media,Inc)のCEOに就任。2015年6月には代表取締役副社長に選任。

代表取締役社長の孫正義氏は、アローラ氏を有力な自身の後継者候補として考えていたが、数多くのテーマに取り組む中で、当面はグループのトップとして指揮を執り続ける意向を明らかにしている。アローラ氏は代表取締役および取締役を任期満了に伴い退任し、次のステップに進むことを決心したという。

退任後、アローラ氏はソフトバンクグループの顧問に就任することが明らかになっている。ソフトバンクグループの第36回定時株主総会は、22日午前10時より開催される予定。

株主総会の模様はライブ中継にて視聴できる

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに