経営を「ハイテク」にする12のITツール

経営を「ハイテク」にする12のITツールの記事一覧

  1. mail1

    メールマーケティングを知る!メール配信システムでマーケティングを最大化しませんか?

    Webマーケティングにはネット広告、メール、SNSなど様々なマーケティング手法がありますが、インターネット黎明期からいまだに第一線で使われている手法がメールマーケティングです。メールマーケティングがまだWebマーケティングの第一線で使われているのは未…

  2. remote-work

    リモートワークでも従業員は働くのか?リモートワーク化で人材不足の波を乗り越えろ!

    近年オフィス以外の場所で、沿革で仕事を行う、リモートワークという働き方が注目を集めています。これは単に個人が良き働き方を追求するためだけの潮流というのではなく、経営者にとっても、労働生産性を見直すためのチャンスでもあります。 しかし、一方で在宅仕事を…

  3. pexels-photo-630839

    【グループウェア】今がチャンス、社内SNSの導入から活用まで!

    世間では、ツイッターやFacebook、インスタグラムといったSNSの活用が欠かせなくなっており、SNSを利用することが生活の一部になっている人もいるほどです。社会の流れもあって、情報共有のスピードアップや顧客対応の品質向上を目的に社内SNSの導入を…

  4. upg75

    【経営者が知るべき経営指標】F/M比率を見える化して会社の安全性を高めよう!

    企業の安全性を測る際に目安となる指標が「F/M比率」です。この指標の名前を聞いたことがないという人でも、「損益分岐点比率」なら聞いたことがあるでしょうか。 今回は、企業の財務状況が一目でわかる「F/M比率」について徹底解説をします。また、「損益分岐点…

  5. upg_73

    【経営者が知るべき経営指標】ROEを見える化して利益を追求した積極的経営を!

    ROE(株主資本利益率)は近年評価が高まっている指標のひとつです。今までは投資家目線で有益な判断材料でしたが、経営者にとっても見過ごすことのできない指標として注目されています。 今回は、そんなROE(株主資本利益率)の基本と見える化するメリットを徹底…

  6. pexels-photo-243757

    従業員にさせるべき正しい目標設定の方法をご紹介!

    経営者は従業員に明確な目標を持たせて、それを達成したいと思うものですが、目標が形骸化してしまっている企業が少なくありません。一体、効果的に目標設定をして効果を上げさせるにはどのようにすれば良いのでしょうか。 従業員に目標設定をさせた場合の3つの失敗例…

  7. upg71_2

    【経営者が知るべき経営指標】ROAの見える化でグローバル社会に対応せよ!

    投資家が企業を判断する際に用いられるROA(総資本利益率)。この指標は会社経営の効率性を判断できるため、投資家だけでなく経営者目線からも役に立つ指標のひとつです。 そんな、ROA(総資本利益率)が経営にどのような意味をもたらしているのか?今回は、RO…

  8. upg70

    【経営者が知るべき経営指標】労働分配率を視覚化して安定的な経営実現へ!

    会社を経営するにあたって労働分配率は重要です。なぜなら、適切な人件費を維持することによって、従業員の士気が向上し、その結果労働生産率をあげる事が可能だからです。 「会社が生み出した付加価値をどれだけ社員に還元できているのか?」これは会社を経営する際に…

  9. people-office-group-team

    【経営者必見!】グループウェア導入6つのメリットと導入に向けての2つのアドバイス

    グループウェアを導入している企業の多くは、仕事を進める上でグループウェアが無くてはならない存在になっています。それほどグループウェアは導入効果が出やすく、活用頻度が多く、かつ活用範囲も広いのが特徴です。 しかし、中小企業においては、グループウェアの導…

  10. 4c09ae6e53a560db32c92d510dd946ac_s

    今さら聞けない、在庫管理システムを導入するメリットとは?

    販売網の拡大や企業の成長に合わせて、これまでアナログで管理していた在庫の管理をIT化する検討が必要になります。適切な在庫管理ををすることで、様々なメリットを得ることができるのです。 逆に、在庫管理をおろそかにしていると、黒字での倒産も考えられます。そ…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)