タグ:「カリキュラム」記事一覧

  1. ichigen-ka-s2-1.jpg

    連動性が経営力UPの鍵!経営の「一元化」

    数週間に渡り4つの記事の連載で、多くの中小企業でバラバラで非効率に行われている社内管理、集客活動、営業活動の一元化をご説明し促進してきました。今回の記事が「一元化シリーズ」の最後のまとめとなります。 本来、様々な部署の業務すべてが経営という活動に繋が…

  2. ichigen-ka-s1-1.jpg

    SFA(営業支援システム)による営業活動の「一元化」

    SFA(Sales Force Automation=営業支援システム)とは、営業マンの活動履歴を記録したり、営業活動からの売上予測を立てたり、営業マンのパフォーマンスを評価することができる、”営業活動を最適化させる” ためのシステムです。 今回はS…

  3. ichigen-ka-a1-1-1.jpg

    中小企業こそMA(マーケティング・オートメーション)ツールを!集客の「一元化」

    MA(マーケティング・オートメーション)とは? マーケティング・オートメーションとは、顧客層の分類、顧客データの統合や、キャンペーンの管理など反復的で手間のかかる作業を自動化し、その効果を分析してくれるソフトウェアを指します。 マーケティング・コンサ…

  4. ichigen-ka-p2-1-1.jpg

    グループウェアによる「一元化」

    グループウェアとは、組織内のタスクやスケジュールなどの情報共有や、コミュニケーションを可能にするソフトウェアです。例として、カレンダー、タイムカード、チャット、掲示板などが挙げられます。 この記事では、グループウェアを導入しないことによる問題と、導入…

  5. kyou-5-1.png

    「共有知識化」―マニュアルをどう作っていくべきか

    実際に社内のマニュアル化に動き出そうという方のために、必ず目を意識していただきたいことを紹介します。マニュアルを作るだけなら、前記事で紹介した分析、文書化だけで十分です。前回は簡単にしか触れませんでしたが、今回は具体的に何を意識してマニュアルを制作し…

  6. kyouyu-4-1-1.png

    「共有知識化」のために、はじめに取り組むべきこと3つのこと

    これまで、共有知識化の重要性とその具体的な事例を紹介してきました。もう一度社内の業務を見返すと、まだまだ「人」に頼り切っている箇所が多くあると気づかれるかもしれません。そんな場合に、共有知識化を目指すときに最も重要となる、マニュアル作成のための3つの…

  7. kyouyu-3-1.png

    「共有知識化」を積極導入した事例

    共有知識化への取り組みが企業の生産性向上に繋がることを述べてきました。経営者の皆さんが、共有知識化への取り組みがどのような成果を会社にもたらすのかイメージがつくよう、共有知識化に成功した2つの事例を紹介します。 温泉旅館「加賀屋」―サービス産業での生…

  8. shouyrokuka-so1-top.jpg

    「省力化」を成功させるために、経営者が知っておきたい3つの心構え

    新しいシステムやツールを導入することで会社の生産性を向上させる「省力化」。ライバル企業に差をつけるためにも、経営者は省力化に取り組まなければなりません。 しかし、「新しいシステム導入に失敗した経験がある」「社内からの抵抗にあって上手く行かなかった」と…

  9. shouryokuka-a1-top.jpg

    「省力化」で経営を立て直した3つの事例

    省力化とは「同じ成果を少ない努力で出す」ための活動です。 前回の記事では、省力化していない会社に起こりがちな5つの問題をご紹介しました。 今回は、省力化した結果経営を立て直すことができたり、生産性を大幅に向上させることができた3つの実例をご紹介します…

  10. ichigen-ka-p1-1-1.jpg

    「一元化」の基本

      同じ会社で働いているのに、違うツールを使うのはナンセンス 日本の企業の多くは、ITツールの重要性を軽視して、社員が「どんなツールを使って仕事をしているか」ということに十分な注意を払っていない傾向にあります。 もしも、あなたの会社で同じ機…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)