タグ:「カリキュラム」記事一覧

  1. shouryokuka-d2-top-1.jpg

    「省力化」していない会社に起こりがちな5つの問題

    省力化は「同じ成果を少ない努力で出す」ための活動です。省力化のためには、道具を磨くことが重要。古いスペックのPCやシステムを使っていると、業務の生産性が落ち、ライバル企業に差をつけられてしまう可能性があります。 前回は、省力化の定義とメリットについて…

  2. shisanka-so2-top-new.jpg

    「資産化」を実現するための3ステップ

    前回の記事では、「資産化を成功させる心構え」として、①目的意識を持つこと、②分析・活用しやすいように情報を蓄積すること、③最新ツールでレバレッジをかけることの3つが重要だとお伝えしました。 それでは、どのようなステップを踏めば資産化できるのでしょうか…

  3. shouryokuka-top2.png

    省力化とは〜時代遅れのツールを使っていませんか〜

    生産性が低い原因は、時代遅れのツールにあり? 「今までと同じように仕事をしているのに、最近はどんどんライバル企業に差をつけられてしまう」「他社に比べてうちの会社の生産性が低い」そんな悩みを抱える経営者の方はいらっしゃいませんか? その悩みの原因は、あ…

  4. mobile-ka-s2-1.jpg

    「モバイル化」したチームに有効なマネジメントの秘訣3選

    これまでの記事では、モバイル化の重要性やメリットについて再三お伝えしてきました。社内でのモバイル化実施のイメージをより具体的にされている方や、すでに実行に移している方も多いのではないでしょうか。 モバイル化により、社員にリモートワークという勤務体系を…

  5. shisanka-so1-top-new.jpg

    「資産化」を成功させる上で、経営者が知っておきたい3つの心構え

    資産化とは「未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動」と、お伝えしてきました。 過去にアプローチした顧客リストや成果が出た時のアクション、優秀な社員のノウハウなどを、会社の資産として蓄積することは、あなたの会社の永続…

  6. kyo-2.png

    「共有知識化」に経営者が取り組むべき5つの理由―宝の持ち腐れをするべからず―

    前回記事では、共有知識化とは何かについて解説しました。 社内の「知」は会社の「宝」です。社内の一部のみでこの宝を独占するのはとてももったいない事であるため、社内全体で共有しましょう。しかし、これまでに紹介した経営手法と同じく、実践しようと思い立っても…

  7. shisanka-a1-top-new.jpg

    「資産化」していなかった会社の最期―3つの事例

    あなたの会社では、資産化に取り組めていますか? 資産化とは、「未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動」のことです。 ・顧客情報を蓄積・分析していない ・ホームページを活用できていない ・勘や思い込みで経営判断をして…

  8. mobile-ka-s1-1-1.jpg

    経営者が誤解しがちな「モバイル化」 ー 4つの不安とその解消法

    「モバイル化をしなければ」と頭では理解していても、なかなか実行できないという方も多いと思います。それは新しいことをする際に伴う、無知への恐怖が原因となっているのではないでしょうか。 そこで、みなさんが自信を持ってモバイル化を実行できるよう、モバイル化…

  9. mobile-ka-a1-1-3.jpg

    「反モバイル化」で倒産の危機に!? 防げたはずの敗因とは

    経営者の方々に答えていただきたい3つの質問ががあります。  あなたの会社は社員が本当に集中できる場所ですか?  クリエイティブなアイディアが生まれるのは会議中ですか?  社員を監視していないと不安になるほど、彼らのことを信頼できませんか? 以上の3つ…

  10. shisanka-p2-top-new.jpg

    「資産化」していない会社に起こりがちな4つの問題

    資産化とは、「未来の価値創造を容易にするための、コンテンツの蓄積など資産を積み上げる活動」のことです。 過去にアプローチした顧客リストや、成果が出た時のアクション、優秀な社員のノウハウの会社の資産として蓄積することは、会社の未来を創るための重要な活動…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)