ビジネスインテリジェンス

【初心者必見】「ビジネスインテリジェンス(BI)」ってなに?という方のためにわかりやすく解説

marc-olivier-jodoin-240109

みなさんは「消費者が何を求めているか?」「自社商品で何が売れているのか?」「今いくら儲かっているか?」ということをしっかりと把握できていますか?情報やデータは手元に届いているけど、文字の羅列ばかりであまりよくわからないという悩みを持っている方も多いのでは?

そんな悩みを瞬時に解決してくれるのがビジネスインテリジェンスツールです。BIツールを導入すれば企業に蓄積したデータをすべて分析し可視化できるようになります。可視化できることで経営判断を早め、売り上げの向上につなげることができます。今回はこのビジネスインテリジェンスについてわかりやすく解説していきます。

1.ビジネスインテリジェンス(BI)とはなにか?

warren-wong-242286

ビジネスインテリジェンスとは簡単に、企業が蓄積したデータを収集、そして分析し、さらに加工を加え可視化することで、誰でも経営に役立るようにするツールのことを言います。

近年IT技術が進み、パソコンが企業に大幅に取り入れられたことで、昔は現場で感じることが可能であった、「商品の売れ具合」や「お金がいくら儲かっているのか」などの情報がすべて膨大なデータとして手元に送られるようになってきました。これでは瞬時に情報を読み取ることは困難です。

これらのデータをわかりやすく分析し、可視化することで、まるで現場にいるかのような情報の体感を可能にします。それを可能にするためのツールがビジネスインテリジェンスです。

2.ビジネスインテリジェンス(BI)が注目される理由

mikael-kristenson-242070

ビジネスインテリジェンスが注目される理由は主に2つです。

まず1つ目が自社で情報を集約や分析にはコストと手間がかかることです。データというのは基本的に部門ごとに担当者が業務に必要な情報を集めています。これらを経営に役立てるためには、すべての部門の情報をさらに1つに集約しなければいけません。これには従来よりもさらにレポート作成や、報告書作成と言った業務が余計に加わるため、労力とコストが増加してしまいます。

2つ目が自社ですべての部門ごとの情報を集約し、分析するためのツールやアプリを独自開発することが困難だということがあげられます。自社で開発する場合、それぞれの部門に合った使いやすいものを開発しなければいけませんが、それぞれの業務で最適なシステムの形というのは違います。そういったいくつものフォーマットを別々で作るのは、大幅なコストが発生しますし、現実的ではありません。

ビジネスインテリジェンスツールはこういった問題をすべて解決してくれるため、多くの企業から注目を浴びています。

3.ビジネスインテリジェンス(BI)にはどんなメリットとデメリットがあるか

aaron-burden-236415

ビジネスインテリジェンスツールを導入する際に一番知っておきたいのは、導入することで得られるメリットです。デメリットも踏まえながら見ていきましょう。

メリット

メリットには次の3つがあげられます

誰にでもわかるデータ分析

ビジネスインテリジェンスは集約された情報を分析、加工し、誰にでもわかるように最適な分析結果を表示してくれます。データさえツールに格納しておけば、表示するデータ形態やグラフ表示をすぐに変換することができ、場面にあった最適な表示形態を作り出せます。

デザイン機能により、現場に合ったレポートを素早く作成可能

ビジネスインテリジェンスツールのデザイン機能は、会社に既存している帳簿への対応も可能です。常日頃使っている報告書やレポート、提携帳簿も素早く作成することができます。これでExcelでいちいちレポートを作る負担を軽減することができます。

ダッシュボード機能によりわかりやすく分析結果を表示

ダッシュボード機能によってデータの分析結果をわかりやすく表示してくれます。ダッシュボード機能はグラフ、重要データの一覧、クロス集計などの表示が可能です。またリアルタイムでデータを参照でき、スマホやタブレットでも見ることができます。これにより経営者は迅速で正確な判断を下すことが可能になります。

デメリット

他の経営システムにもいえることですが、導入の仕方を間違えるとデメリットが発生します。主にビジネスインテリジェンスツールのデメリットはこの2つです。

導入目的が無いと導入コストが膨大に膨らむ可能性がある

ビジネスインテリジェンスツールは他の経営システムと違い、できることの範囲がとても広く、実際に導入してもどう使えばいいかわからなくなる傾向があります導入目的をしっかりと決めておかないと、導入時に何でもできるようにしておこうと、いらない機能まで追加してしまい、導入コストが大きく膨らんでしまう危険性があります。

使われなくなる可能性が高い

先述したようにビジネスインテリジェンスは使用用途が大きいため、他の経営システムと違い、業務の効率化に直結するわけではないのです。そのためビジネスインテリジェンスを使わないことで現場に支障が出ることはありません。ツールを使うしっかりとしたコミットメントが無ければ、いつしかツールは使われなくなり、導入コストも無駄になります。

4.ビジネスインテリジェンス(BI)を導入して成功した事例

ken-tomita-239357

ビジネスインテリジェンスを理解するために、企業が実際に導入してどう改善していったのか見ていきましょう。

リバイス合同会社

中古車専門販売店に対してBPOビジネスを手掛けている会社です。

導入前の課題

ビジネスインテリジェンスツールを導入前の課題は、クライアントに提供するレポート作成の負担が重いこと、またクライアントにレポートを見てもらったときにもっと視覚的にインパクトが与えられるようなレポートを作ることでした。

導入後の改善

ビジネスインテリジェンスツールを導入してからは丸1日かけて作っていたレポートも、瞬間で作成可能になり、負担が大幅に軽減されました。理由はツールのダッシュボード機能を使って、データをダッシュボードに表示すれば、レポートの作成が必要なくなったからです。

またクライアントが自ら視覚的にレポートやデータを確認するためのシステムを構築することで、レポート作成が効率化されクライアントの満足度も向上しました。

富士通テン株式会社

1

富士通テン株式会社の事業内容はインフォテインメント機器やカーオーディオ機器、ナビゲーション機器と言った、車の安心安全に貢献するための制御システム作成を手掛けています。

導入前の課題

富士通テン株式会社の生産現場では生産性や品質向上のために膨大なデータが蓄積されていたものの、それを有効活用する方法が見つかっていませんでした。

生産現場の効率やパフォーマンス向上のためにも、簡単にデータを分析し、視覚的にもわかりやすくしてくれる方法を探すことが最重要課題でした。

導入後の改善

ビジネスインテリジェンスツールを導入してからは、あらかじめデータを分析し可視化することで、生産ライン支障がでる 閾値がわかり、閾値を超えたときに対策を打つことが可能になりました。

これにより生産ラインの故障を未然に防ぐことができ、生産性向上につなげることができました。

5.ビジネスインテリジェンス(BI)を試したい方におすすめのツール

ここまでビジネスインテリジェンスについてメリットや特徴を踏まえながら解説してきました。これを読んで実際にビジネスインテリジェンスツールを試したくなった方も多いのではないでしょうか?そうすればビジネスインテリジェンスが本当に自社で、業績を改善できるのかもわかります。そこでおすすめのツールをご紹介します。

ALL-IN

allin

このALL-INというツールの最大の魅力は中小企業の経営に役立つシステムすべてを1つのツールにまとめてくれていることです。

ビジネスインテリジェンスツールはもちろんのこと、CRMやERP、会計システム、給与計算システム等といったすべての経営システムを、このツール1つ導入することで使うことができます。無料トライアル可能ですので、この機会にビジネスインテリジェンスだけでなく、他の経営システムも使ってみてくださいね。

ALL _INでは、BIツールデータ分析結果をまとめて確認できる機能「経営のコックピット」というものがあります。これにより、売上や利益率など比較的「見える化」しやすい経営指標以外のCLVなども分かりやすくなり、より会社の現状を知れるようになるでしょう。

まとめ

joshua-fuller-236431

ビジネスインテリジェンスツールについて解説してきました。近年IT化が進み、ますますデータというものが大量に生まれるようになりました。データをうまく使いこなせば、経営の意思決定スピードの向上、マネジメントの効率化、会社の売り上げアップなど多くのメリットがる一方で、業務負担を増やし会社のデメリットを増やす原因にもなりえます。データをうまく使うためにもビジネスインテリジェンスはとても現代のビジネスに欠かせないツールなのです。

 

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)