会計ソフト, 経営コラム, 見える化

【経営者が知るべき経営指標】人件費生産性倍率を把握して企業の士気を高めよう!

【経営者が知るべき経営指標】人件費生産性倍率を把握して企業の士気を高めよう!

人件費の削減は会社にとって大きなテーマです。しかし、コストである人件費を削りすぎると会社全体の士気が下がってしまい、その結果人件費生産性も下がってしまいます。会社の人材に対する適切な投資を行うことで、長期的に人件費生産性を上げることが可能です。

そこで、今回は会社の行く末を決める人件費生産性について紹介。どのような施策を行えば人件費生産性の倍率を上げることができるのか紹介していきます。人件費生産性の高い会社は人材の能力も高く、将来的に安定した会社と言えます。

現在、人件費あたりの生産性が低く、労働時間ばかりが伸びている会社は、ぜひ本記事を参考に人件費生産性に関して見直すことをおすすめします。

人件費生産性とは?

人件費生産性とは?

企業にとって適正な人件費を見つけることは難しいとされています。なぜなら、人件費には平均が存在しません。企業の規模はもちろん、業種や形態、時代などによって平均的な人件費は大きく左右されています。

また、中小企業の人件費は大企業の人件費の60%から70%といわれています。大企業に比べると少ない人件費をどのように扱うかによって、中小企業の未来が決まるといっても過言ではありません。将来的に優れた人材を育成するためには、適切な人件費から優秀な写真を育成する必要があります。

人件費生産性の倍率が高ければ、業務効率の高い企業と言えますが、人件費生産性の倍率が低い場合は、さまざまな問題が考えられます。
ひとつは、社員の純粋な能力不足または効率不足です。人件費が少なく支払われる賃金が少なければ、社員の士気が低下し業務効率が下がることがあります。しかし、賃金が高いからといって必ずしも業務効率に繋がる訳ではないので適正な賃金を見極めることが重要です。

他にも、企業全体の指示不足や環境面の劣悪な環境など、社員の動向以前に企業全体の問題が背景となっている場合があります。この場合は社員の教育以前に環境面を整える必要があり、人件費だけではない問題が考えられます。

人件費を削る前に、自分の会社の人件費を分析してください。人件費生産性に問題があるのか?それとも人件費分配率に問題があるのか?自社分析を徹底することで問題を解決できます。

人件費生産性を視覚化するメリットとは?

人件費生産性を視覚化するメリットとは?

それでは、人件費生産性を視覚化するメリットを紹介していきます。視覚化することでどのようなメリットがあるのかさっそく確認していきましょう。

人的生産性を迅速に評価できる

人件費生産性を視覚化し、その倍率をグラフにすることで人的生産性を迅速に評価できます。人件費生産性と人的生産性は密接に関係しており、値が高ければ人的生産性の高い会社、値が低ければ人的生産性が低い会社といえます。

人件費生産性を視覚化しておけば、常にモニタリングが可能です。推移の変動を見ながら会社の将来を考えていきましょう。

社内教育を見直すことができる

視覚化した際に人件費生産性が低い場合は、それだけ社員の能力や業務効率が低いことが考えられます。毎月の推移で、人件費生産性が常に低く位置している場合は、社員の質を改善する必要があります。

人件費生産性を視覚化することで社員の質を改善可能です。社内教育を見直すことで、能力や業務効率の向上が見込めます。また、こうした対策によって人件費生産性が上がれば、賃金も上げることができるので、より強固な経営が可能です。

毎月の人件費生産性をモニタリングしながら、できるだけ高く位置できるように心がけていきましょう。

適切な人件費を決めることができる

企業の人件費は会社の規模や業種を含めたあらゆる要素によって変化します。一概にこの人件費なら良いというのはありません。そのため、適切な人件費を自社で見出していく必要があります。その際に役立つのが人件費生産性のグラフです。

人件費生産性の推移を把握できていれば、どの位置が最も人件費に対する生産性が高いのか確認できます。グラフを把握しながら常に最適な人件費を維持するように心がけましょう。

まとめ:人件費生産性倍率を把握して企業の士気を高めよう

まとめ:人件費生産性倍率を把握して企業の士気を高めよう

人件費生産性倍率についてご紹介しました。企業が長期的に安定して成長するためには、社員教育が欠かせません。ただ、やみくもに人件費をかけていても生産性が上がることは難しいです。適切な人件費をかけることで、社内教育も優位に進めることができます。

そして、人件費生産性を把握するなら視覚化が必須です。弊社が提供している「ALL-IN」なら人件費生産性倍率を常に確認できます。その他にも、労働分配率などが確認できるため、企業にとって有益なことが多いです。

本記事を参考にしながら人件費生産性について改めて確認しておきましょう。

以下の記事もぜひご覧ください!

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに

Facebookページにぜひ「いいね」をお願いします!

「いいね!」を押すと「経営をアップグレードしよう!」の最新コンテンツが受け取れます

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)