upg14

正確に給与計算を行うことで、従業員トラブルを回避することができます。給与計算を間違えれば、社内だけでなく社会的にも悪い印象を持たれてしまいます。

これまでの給与計算は非常に工数がかかるものでした。しかし、給与計算ソフトが登場したことによって工数を大幅に削減することに成功しました。

今回は、そんな給与計算を円滑に進めてくれる給与計算ソフトを比較。自社に最適なソフトを見つけたいなら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

給与計算ソフトとは?

給与計算ソフトは、従業員の給与を正確に計算してくれるシステムです。基本給をはじめとして、保険料や税金を含めて計算してくれます。

また、さまざまな雇用形態にも対応しており、最終的に正確な数字を出してくれるシステムで、企業にとっては大幅なコスト削減につながります。詳しいことは以下の記事を参考にしてみてください。

給与計算ソフトの選び方

給与計算ソフトを選ぶときは、機能を重視して選ぶことをおすすめします。例えば、小規模の会社ななら従業員が増えても対応してくれるのか?

また、年末調整等の機能が用意されているのか?など機能面を重視することが重要です。

価格帯によっては機能が少ない場合もあるため、会社の規模を考えて最適な給与計算ソフトを手に入れましょう。

給与計算ソフトの注意点

給与計算ソフトの注意点として操作性が挙げられます。一定数の従業員を管理する際にデータを入力するのは担当者になります。

データベース連携を使ったとしても、担当者が管理する必要があるため、ある程度の使いやすさが求められます。

多くの給与計算ソフトでは、無料体験やデモが用意されています。まずは、こちらを利用して操作性を確認しましょう。

 

1.「弥生給与」「やよいの給与計算」

スクリーンショット 2017-06-03 12.26.15

公式サイト:「弥生給与」「やよいの給与計算」

弥生会計をはじめとして、長年の間多くのユーザーに愛されている弥生株式会社。そんな、弥生シリーズから事業所向けの「やよいの給与計算」そして、中小規模向けの「弥生給与」を紹介します。

特徴

  • シェアNo.1で2人に1人が使ってる!
  • 必要な機能をしっかりとカバー!
  • 安心保守サポートで問題なく使える!

全国7,000の税理士や会計事務所が推奨している「弥生給与」。シェアはNo.1で2人に1人が使っているため、安心して利用できます。

そんな、シェアを支えているのが、便利な機能。給与計算、賞与・昇給、社会保険・労働保険、年末調整、マイナンバー管理まですべてを快適に操作可能です。

安心保守サポートでは、製品の操作から業務相談まで対応してくれます。分からない点があれば、すぐに頼ることができるので、最初の段階で躓くことはありません。

価格

「やよいの給与計算」

セルフプラン付き 28,080円

ベーシックプラン付き  28,080円

トータルプラン付き  38,880円

「弥生給与」

セルフプラン付き 78,300円

ベーシックプラン付き  78,300円

トータルプラン付き  99,900円

こんな会社におすすめ!

・初めて給与計算ソフトを導入する会社!

「弥生給与」そして「やよいの給与計算」は初めて給与計算ソフトを導入する会社におすすめです。基本的な機能、万全のサポートで初心者でも問題なく導入することが可能です。

2.MFクラウド給与

スクリーンショット 2017-06-03 12.26.40

公式サイト:MFクラウド給与

株式会社マネーフォワードが提供している「MFクラウド給与」。クラウド型の給与計算ソフトで、MFクラウドシリーズとの連携力の高さが魅力的です。

特徴

  • 常に最新のアップデートで安心!
  • いつでもどこでも快適な利用!
  • 洗練されたUIとチュートリアル!

健康保険料率や厚生年金保険料率が変更になった場合も、自動でアップデートしてくれます。常に最新の状態なので、いつでも安心して利用できます。

そして、クラウド型のソフトなので、多くの端末からいつでもアクセスできます。パッケージソフトよりも利便性が高い点が魅力的です。

給与計算ソフトを導入しても操作性が悪ければ、導入後に業務効率が上がりません。MFクラウド給与なら洗練されたUIと初めてでも分かりやすいチュートリアルが用意されています!最初から迷わずに給与計算を始めることが可能です。

価格

従業員数:2~5人 月額 2,500円

従業員数:6~50人 月額 2,500円 (6人目以降 1名につき 月額 300円)

従業員数:50品以上 要相談

こんな会社におすすめ!

・小規模で手軽に導入したい会社!

MFクラウド給与の最大の魅力は導入のしやすさです。クラウド型なので、簡単に導入することができます。

さらに、従業員数によって価格が変わる為、低コストから導入可能です。無料体験もあるので、まずは操作性や機能を確認してみましょう。

3.フリーウェイ給与計算

スクリーンショット 2017-06-03 12.26.56

公式サイト:フリーウェイ給与計算

株式会社フリーウェイジャパンが提供しているフリーウェイ給与計算。従業員5人までならすべて無料で使えるため、小規模企業ならコストをかけずに導入できます。

特徴

  • すべて無料で使える驚きのソフト!
  • 年末調整も無料で対応!
  • 印刷の際に専用用紙を買わなくてもいい!

フリーウェイ給与計算の最大の魅力は、従業員5人までなら永久無料という点です。6人目からも月額1,980円と破格で給与計算ソフトを利用できます。

また、年末調整なども追加料金は発生しません。初期費用やバージョンアップにも料金がかからないので、安心して利用可能です。

ソフトのコストだけでなく、専用用紙のコストもカットできます。給与明細を印刷する際には白紙のプリンタ用紙でいいので、専用用紙にコストをかける必要はありません。

価格

5人まで: 月額 無料

6人以降 : 月額 1,980円

こんな会社におすすめ!

・とにかく低コストで給与計算ソフトを導入したい小規模会社!

フリーウェイ給与計算は、5人までなら無料で利用できます。小規模で運営している会社にとっては、ソフトにコストをかけずに利用できおすすめです!

4.freee給与計算

スクリーンショット 2017-06-03 12.27.14

公式サイト:freee給与計算

freee株式会社が提供しているfreee給与計算は、クラウド給与計算ソフトシェアNo.1に輝きました。多くのユーザーから支持されているfreee給与計算には、どんな魅力があるのか見ていきましょう。

特徴

  • 給与計算のステップを自動化し業務負担を軽減!
  • クラウド型なので勤怠管理もリアルタイムで!
  • 豊富なサポートでいつでも安心!

給与計算から明細作成、振り込みまでを自動化し、業務を速やかに進行してくれます。分かりやすいUIなので迷うことなく、進めることができます。

また、勤怠管理はリアルタイムで労働時間を集計。残業時間や残業代の計算間違いを防止してくれます。

freee給与計算には、チャット、メールでのサポートを用意。状況に応じてサポートを使い分けることが可能です。簡単な使い方ならヘルプページで確認できます。

価格

月額 1,980円 (4人目から1人あたり月額300円)

こんな会社におすすめ!

・給与計算事務のステップすべての業務効率を上げたい会社!

給与計算事務のすべてをソフトに任せることができるため、業務効率を格段に上げることができます。一ヶ月間無料でお試しできるので、まずはこちらで使いやすさ等を確認しておきましょう。

5.ALL-IN(オールイン)

allin

公式サイト:ALL-IN(オールイン)

弊社が提供しているALL-IN(オールイン)には、経営をスマートに進める10の機能が搭載されています。その中には、給与計算を円滑に進める人事・給与システムを用意。ALL-IN(オールイン)だからこそできる連携で、業務効率を飛躍的に高めます!

特徴

  • 他システムとの連携でスムーズに!
  • 必要な機能を搭載!随時最新のアップデート!
  • 社員情報をデータベース化し利用可能!

ALL-IN(オールイン)には10の機能が搭載されており、それぞれ連携して業務効率を上げられます。

例えば、残業時間などのデータを改めて入力する必要がありません。他にも、勤怠管理情報や社員管理情報などを連携して、入力者も管理者も負担を減らせます。

給与計算ソフトの基本的な機能をすべて完備。随時最新の機能に無料でアップデートされるので、問題なく利用を続けられます。

社員のあらゆる情報をすべて集客。自社の全社員の情報をまとめてデータベースを持つことが可能です。

価格

初期費用:32,000円~

通常プラン:月額38,000円

追加アカウント料金:3,000円/1ユーザー

こんな会社におすすめ!

・各システムとの連携で業務効率を上げたい会社!

ALL-IN(オールイン)は給与計算ソフト以外にも、10の機能・経営に関わるシステムを搭載しているため、各システムとの連携で業務効率化が図れます。給与計算ソフト以外にも導入を考えている方はALL-IN(オールイン)を検討してみてください。

以下の記事で一部の機能を紹介しています。

 

まとめ

給与計算ソフトの比較を紹介しました。それぞれのソフトの特徴や価格帯を考慮して、自社に合ったソフトを導入してみてください。

まずは、機能面や規模を元にいくつかの給与計算ソフトを候補に入れて、その後、無料体験やデモを利用して操作性を確認することをおすすめします。

本記事を参考にして最適な給与計算ソフトを導入してみてください。

「優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと」

生産性をあげる極意 無料小冊子プレゼント!

目次

  1. はじめに
  2. 数千社の経営を見てきた専門家が考える「経営が上手くいかない最大の原因」
  3. 優秀な経営者は気づくけど、なかなか実行できない10のこと
  4. あなたの会社の生産性が上がらない2つの理由
  5. システムを導入すべき理由と7つのチェックポイント
  6. おわりに