タグ:「カリキュラム」記事一覧

  1. shikumika-p2-top-new.jpg

    「仕組み化」することで社長が得られる5つのメリット

    属人的にならずに仕事を進める方法を構築することは、経営を安定させるために経営者が取り組まなくてはならない活動です。 この、仕事の属人性を排し、「いつ、どこで、誰がやっても同じ成果を出せる方法」を構築することを「経営の仕組み化」と呼びます。 前回の記事…

  2. mieruka-4.png

    「見える化」5つの視点

    前回記事までは、見える化とは何か、見える化で企業の未来がどう変わるか、見える化に取り組まないとどうなるか、など見える化の意義に関して解説してきましたが、今回記事からはいよいよその実行方法へ踏み込んでいきたいと思います。 見える化と言っても様々あること…

  3. mieruka-3.png

    「見える化」の事例―企業の明暗を分ける

      今回は「見える化への取り組み」が中小企業にとってどれほど大きなものなのか「倒産」の事例を用いて解説します。 「知らない」「気づかない」の恐ろしさ 多くの経営者は「商品が売れないから会社は倒産する」と考えています。しかし商品を売ることに成…

  4. shikumika-d1-top.jpg

    「仕組み化」の基本

    業務の属人性を排除できていますか? ある業務が特定の社員に依存していたり、新人に教える内容が上司によって異なっていたり・・・あなたの会社に、属人的な業務はありませんか? 属人的な業務を抱えていると、もしもの時にその業務が回らなくなり、会社の経営を揺る…

  5. mieruka-2.png

    「見える化」が経営を左右する3つの理由

    前回の記事では、見える化とは何たるか、勘違いしやすい点などを紹介しました。 今回は、見える化の導入が経営を改革し、事業を成長させる3つの可能性を紹介していきます。 問題の早期発見ができる 見える化をすることで、後々事業に大きな影響が出るような問題の種…

  6. mieruka-1.png

    「見える化」の基本―社長のコックピットを持とう

    あなたの会社は「見える化」に取り組んでいますか? 胸を張って「実践している」と言い切れる企業はそんなに多くはないと思います。その原因は、見える化という意味の幅広さ、曖昧さにあります。何が正しいのか、何から始めればいいのか。悩んでいる方は多いと思います…

  7. kokyakuka-5.png

    「固客化」を中小企業で実現する5ステップ

    固客化とは、購入した顧客に継続的にお付き合いしてもらう活動です。新規顧客よりも高い収益を生む「リピーター」を作る仕組みを持つことで、経営をより安定させることができます。 それでは、どのように顧客をリピーターにすることができるのでしょうか。 この記事で…

  8. 96d87afa63c56858ef902e5b2b33351c.png

    「固客化」の実践ー「CLVマネジメント」入門

      顧客生涯価値を上げるためのCLVマネジメント。前回記事まで、固客化の重要性を訴えてきました。今回は、具体的な施策に移る前に、経営者のみならず、社員全員が常に意識し続けなければならない、土台の部分、基本的なプロセス、目指すべき方向性を紹介…

  9. kokyakuka-3.png

    「固客化」の事例

    固客化とは、顧客に継続的にお付き合いしてもらう活動。つまり、リピーターを作る活動のことです。 今回は、固客化を行わなかった結果倒産してしまった企業と、固客化を行い急成長した企業の事例をご紹介します。 どちらの事例も、実在する企業をモデルにしています。…

  10. kokyakuka-2.png

    「固客化」を行わず、新規開拓に注力した時の労力を計算しよう

    1.「 新規開拓」ばかりしていませんか? 「この会社は対応が素晴らしいから、何度も買っています!」 「やっぱり、この会社の商品のファンです!」 経営者であれば、こんなセリフをお客さんから言われると嬉しいものです。リピーターがついた時の喜びは、何事にも…

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)

すべての業務がひとつにつながる、クラウド経営システム「ALL-IN」について詳しく知りたい方はこちら!

クラウド経営システム「ALL-IN」の
資料をダウンロードする(無料)